カタログ請求、お問い合わせはこちら

いらない服を新たなものに変える!アップサイクル術

2023.01.06

 

■ゴミが宝に!?

 

着なくなった服やバッグ、どのようにしていますか?

実は、一人あたり年間平均10kgの服を購入し、8kgを手放している、と言われています。

 

捨てる前に「アップサイクル」をしてみてはいかがでしょうか?

 

捨てる服に、ちょっとした工夫を加えることで、

新しいものに生まれ変わり、ゴミに見えていたものも、宝に見えてきます。

 

 

■廃棄衣料を新たなものへ

 

リサイクルには「リサイクル」「アップサイクル」「ダウンサイクル」という3つの種類があります。

 

もともとの形状や特徴などを活かしながら、デザインやアイディアを加えることで、

新たな価値を加え、生まれ変わらせるのが「アップサイクル」。

 

 

 

今回ご紹介する作品はカーシーカシマの捨てられる予定だったユニフォームをアップサイクルしました。

 

カーシーカシマで1980年頃、実際に制作されていた実寸大のユニフォームの寸法を、

ドールサイズに縮小して制作しました。

 

ドールサイズなので、1着の廃棄衣料からいくつも作ることができます。

 

 

 

ジャケットの裏地には、廃棄される予定だったスカーフを利用。

細部までこだわって制作しました。

 

 

 

 

作品を制作したのは、ファッションデザイナーの小野原誠さん。

 

繊細で丁寧な作風が、ドールサイズの服でも活かされています。

 

 

■着ていた服を他の用途へ

 

 

今回ドールの服へと生まれ変わった廃棄衣料ですが、

例えば、ポーチやバッグ、子供の服や、アクセサリー、ペットの服……など、他にもいろんなものに生まれ変わる可能性があります。

 

ご自宅で不要になった服を使って、新たな楽しみを発見してみてはいかがでしょうか?

 

 

前の記事へ

一覧にもどる