カタログ請求、お問い合わせはこちら

case studies STORY.26 ユニフォームが変われば、
企業も変わる!
1人ひとりのユニフォームで 始まるSTORY

三共精機株式会社 様

事業を「ものづくりの課題解決業」と定義し、
現場の課題を機械工具の販売を通じて解決しています。

PROFILE

三共精機株式会社 様

三共精機株式会社は、1942年に機械工具専門商社として創業しました。京都本社を起点に、名古屋・滋賀・岡山・明石・マレーシア・フィリピンを活動拠点に構え、全国のお客様のものづくりに貢献しています。
当社では事業を「ものづくりの課題解決業」と定義し、自動車や半導体などの大手メーカー様をはじめ、さまざま現場に関わるなかで、現場の課題を機械工具の販売を通じて解決しています。
近年では新しい取組みとして、DX商材や医用商材も拡充しており、人材育成や人材採用をはじめとした経営支援のご提案もさせていただいております。

次の新たなステージへ向かう三共精機を表現したい。

Qユニフォーム導入の経緯や選んだ商品への想いを教えてください。

A ユニフォーム導入の経緯としては、「ユーザー訪問等をする際のスーツのバリエーションを増やしたい」、「オフィスカジュアルの社内だが、毎朝服装を考える手間を少しでも省きたい」というところから、ユニフォームを探し始め、その中でカーシーカシマさんに出会いました。
ジレは女性に嬉しい機能が充実していて、実際に女性職員たちの中で「あったら嬉しい!」という声があがり、機能面もしっかりしていてさらにユニフォームっぽく見えないところが、通勤の際も着ていけて便利だということでこちらに決めました。
ブルゾンに関しては、前に使用していたブルゾンが製作してから10年近く経ち、経年変化も感じられるようになったので、そろそろ変え時かな…ということで導入を検討していました。ユニフォームを一新することで、今までの“機械工具商社”ではなく、”ものづくりの課題解決プラットフォーム”として、次の新たなステージへ向かう三共精機を表現できればと思います。
カーシーカシマさんは、当社の想いや方針を理解した上でデザインしてくださり、とても気に入っています。旧ブルゾンを捨ててしまうのではなく、アップサイクルできる方法を持っているという点も決め手となりました。

場所を選ばずに着ることができて嬉しい。

Q周りからの反応はいかがですか?

A ジレに関しては、今までカジュアルな服装を着用することが多かったので、さらっとジレを羽織るだけでフォーマルな印象になり、周囲からも「新鮮でいいね」ととても好評です。ポケットがたくさんあることを伝えると、「すごく便利でいいね」と興味をもってくださる方が多かったです。
ブルゾンに関しては、色々なところから反応をいただけました。お客様からは、今まで青いジャンパーを着用していたので、「すごくイメージが変わって、私服っぽくてオシャレだね」と言っていただき、家族からも「シンプルで外でも着れるぐらいかっこいいね」と好評でした。実際に社員の中でも「着心地が良く、薄いのに温かい」、「展示会や社外環境活動など場所を選ばずに着ることができて嬉しい」という声があがり、社員みんな気に入って着用しています。

素材が軽く着やすいのにとても温かく、年中活躍しそうなアイテム。

Q着用した感想を教えてください!

A ジレは何よりポケットの多さに感動して、使い勝手がとてもいいです。スマホも名刺入れもすっぽり入り、しゃがんでも落ちたりしないつくりに感動しました!着心地も軽くてとても楽ですし、 腰回りを隠せるのもすごくありがたいです。ストレッチが効いていて動きやすく、きちんと感も演出できてよかったです。自宅で洗濯できて管理がラクな上、シワにもなりにくく本当に便利だなと思いました。
ブルゾンは、素材が軽くて薄いので作業がしやすく、着心地がいいです。その上しっかり温かいので、年中活躍しそうなアイテムな気がします!お手入れも簡単で、洗ってもすぐに乾き、油などの汚れも落ちやすいので管理がとてもラクです!

wearing items 着用アイテム

  • EAV913 #8

    ジレ

    EAV913 #8

  • EAV913 #10

    ジレ

    EAV913 #10

  • ブルゾン

    ブルゾン

    (別注デザイン)

information お客様紹介

三共精機株式会社

所在地
〒601-8328 京都市南区吉祥院九条町49番地
主な事業内容
  • 切削工具、測定工具・機器、環境関連商品、工作機械、設備・装置などの販売。
    ものづくりの課題解決業。
公式サイト
https://www.sankyo-seiki.com/

一覧にもどる