カタログ請求、お問い合わせはこちら

case studies STORY.01 ユニフォームが変われば、
企業も変わる!
1人ひとりのユニフォームで 始まるSTORY

Murauchi BMW
株式会社村内会社センター様 導入事例

見えないところへのこだわり。
それが、BMWとユニフォームがつながった瞬間です。

PROFILE

株式会社村内外車センター
総務部人事
主任 小出 和子様

BMW Japan正規ディーラーとして、東京多摩エリアにBMWショールーム3店舗・MINIショールームを2店舗、神奈川相模原エリアにBMWショールーム2店舗・MINIショールームを1店舗展開しています。

圧倒的な女性メンバーの支持がありました。

Qユニフォーム導入のきっかけを教えてください。

A 3年更新のタイミングで他の制服メーカーとのコンペティションとなりましたが、
女性社員を中心とした制服選定メンバーの支持が圧倒的にカーシーカシマさんのユニフォームでした。

デザイン、機能。
企業が求めること、大切にしたいことを形にする。

Qユニフォームに求めることは何ですか? 
そして採用に至ったポイントを教えてください。

A デザイン重視です。
高級車を扱う業種上、高級感、清潔感が求められています。
着用者の業務をサポートする機能性。立って動きまわったり、高いところにある物を取る際に着装が乱れない制服。
それらを考えたときに、要望を叶えるユニフォームであると判断し、実際に着用するアシスタントの総意と役員の意見が一致しました。

最終ゴールは企業の魅力を上げること。

Q導入後のユニフォームについてお聞かせください。

A ストライプのデザインと、制服のパターン(かたち)が体を細く見せてくれるところが素敵ですね。
形がしっかりしていて型崩れもなく、去年 グッドデザイン賞を受賞したスカーフループ®は、スカーフが簡単に付けられるし、乱れにくいので扱いがラクな点も気に入っています。
先日、久しぶりに来店された顧客様が「新しい制服イイねぇ~!」と、おっしゃってくださりました。お客様からの評判も上々です!

こだわりの感動を体験して下さい。

Qこれから、制服・ユニフォームの導入を考える企業へアドバイスをいただけますか?

A 実際にサンプルをご覧になり、可能であれば試着されることをお勧めします。
BMWは見えないところまでユーザー様のことを考えた設計が特徴ですが、カーシーカシマさんの制服も相通じるところがあります。
すっきりしたシルエットでありながら、隠しポケットや補強ステッチ等、こだわりがつまっています。

wearing items 着用アイテム

  • ジャケット EAJ-474 c/#10

    ジャケット

    EAJ-474 c/#10

  • ベスト EAV-475 c/#10

    ベスト

    EAV-475 c/#10

  • スカート EAS-476 c/#10

    スカート

    EAS-476 c/#10

  • パンツ EAL-478 c/#10

    パンツ

    EAL-478 c/#10

  • 長袖ブラウス EWB-385 c/#11

    長袖ブラウス

    EWB-385 c/#11

  • 半袖ブラウス ESB-405 c/#11

    半袖ブラウス

    ESB-405 c/#11

  • カットソー EWT-535 c/#11

    カットソー

    EWT-535 c/#11

  • スカーフ EAZ-624 c/#1 EAZ-624 c/#6

    スカーフ

    EAZ-624 c/#1EAZ-624 c/#6

infomation お客様紹介

Murauchi BMW 株式会社 村内外車センター (Murauchi Gaisha Center Corp. )

本社
〒192-0012
東京都八王子市左入町787
事業拠点
新車ショールーム /
BMW 5拠点 MINI 3拠点
BMW Premium Selection 3拠点
ワークショップ 5拠点
公式サイト
https://murauchi.bmw.jp/

一覧にもどる